マツノヤ人文学研究所

独断と臆見による人文学研究と時評

2019-11-28から1日間の記事一覧

集合体をかんがえる

言語のはたらきを考えるにあたって、前回の論考では、占いや呪術といった思考方法が「見通し」を作り出すことを取り上げました。 matsunoya.hatenablog.jp この見通し行為は、ものごとをひとつの集合体として思いなします。集合体のなかにふくまれるものごと…