マツノヤひと・もよう学研究所

独断と臆見による人文学研究と時評

竹取物語と「易筮」

竹取物語は日本最古級の作り物語として知られている。その起源については中国起源など諸説が唱えられているが、本稿では竹取が竹工芸と「易筮(筮竹を取る)」とのダブル・ミーニングではないかという仮説を立て論じる。


夬卦と姤卦……山本唯一説

先行研究は近世文学者・山本唯一が『易占と日本文学』(昭和51年、清水弘文堂)で論じている(この手の議論は何と言っても吉野裕子だが、易占と竹取物語を論じた痕跡は見当たらない)。山本説は「五人の貴公子の求婚」の段を五陽一陰の卦である姤卦、および夬卦の爻辞にあてはめている。長女である巽卦のうえに「金を示す」とされる乾を重ねた姤卦、およびその反転である夬卦とする。しかし本稿ではより詳しく易卦を同定していく。

◆竹と望月……易経による隠喩
かぐや姫の誕生……節卦を表す。月(坎)+小女(兌)
 苦節、節度……竹の節そして兌は西方、五行の金にあたる。月から与えられた金による致富

三ヶ月ほどで成長(中女離に)水火既済
 事業の完成、衰退の始まり(盈満の害)、離(火)なので「かぐや」姫


◆貴公子求婚譚と「五陽一陰」

姤卦……君子の象である乾卦から、「五人の貴公子の求婚」の象徴たる五陽一陰へ(同時に、乾vs.震として「六人目」の求婚者である帝との対峙を示唆する)

同人卦 石作皇子(仏の御石の鉢)
 上九……人と同じうするに郊に于(お)いてす(郊外で石の鉢を拾う)⇒恥を捨て、なおも言い寄る

履卦 車持皇子(蓬萊の玉の枝)
 九二……幽人なれば貞にして吉(行方をくらまし偽物を作る)⇒工人たちへの債務不履行


小畜卦 阿倍御主人(火鼠の皮衣)
 火鼠自体が小獣畜とも取れるが……九五、富その隣と以(とも)にす(唐人から皮衣を購入)⇒皮衣焼失
 月望に近し(上九)

大有卦 大伴御行(龍の首の玉)
 上九……天よりこれを祐く⇒船の難破で天祐を得られず、重病に罹る

夬卦 石上麻呂(燕の子安貝
 王庭に揚ぐ(大炊寮の屋根に登る)小人を決る、命運は長くない


◆月と「反転」(月世界の天人に卦を反転させられる)

水雷屯……かぐや姫が長女となり、月(坎)を頂く象。翁はかぐや姫を地上に留めようとする(反転させた蒙卦もニュアンスに入る、かぐや姫の蒙昧さ、恍惚による護衛失敗)

天水訟……月の王(君子)の象。上九に「鞶帯(羽衣か)を錫(たま)ふ」そして反転させた水天需……飲み食いの象。不死の仙薬

雷水解……「とどまる」から「物思いが解ける」……かぐや姫の罪咎を解く(君子以て過ちあるを赦し罪あるを宥む)

(羽衣を)負い且つ乗る。公用て隼を射るなど、弓に関する卦文も多いが、弓矢が効かない
反転させた「蹇卦」のせいか……王臣蹇々、護衛失敗

◆富士の山と旅卦

火山旅……旅団を率い、仙薬を焼かせる


「八月十五日」望月を嫌う易経と、完璧を嫌う難題聟(盈満の害、謙譲の徳)
おそらく中国由来、竹取り職能民と占い師に密接な関係⇒萬葉の文人に受容。壬申の乱の功臣(大友皇子への逆臣)への筆誅へ(桓武朝以降?)
妻問いの易占要素は、伊勢・源氏にも受け継がれたか

ひともよう研究ノート

ひともよう研究ノート

神秘思想から哲学へ――太陽神崇拝とその文化表象

太陽神崇拝と聖地、祝祭
 人間同士の協業が衣食住をより善いものへと変えていく
 貯蓄から所有へ……衣食住の全くの変化。他者との共同体=連関構造へ
 公正・正義についての取り決めが必要になる。

 視るという行為(知)……空間・時間把握(コト-化)にともなう、光・太陽の擬人化、神格化

 生の持続、集住のための火・水の安定的確保と贈与交換
 そのために、神格化された「太陽神」と、それらを巡る秩序が形成……復活と再生、陰陽的世界観

自他、混沌からの明晰化(社会構造の分化)

 技芸と政治的意義の分離⇒比率意識の喪失、過剰
 みずからの生を超えた空間・時間的枠組みによる再現性(再-生)祭祀儀礼への意識

 自然的環境の改変による景観創造、理知の技芸的表現


意味・意義以前の「比率(ことわり)」神話素の定式化、政治的テーマ

他者(境界、名辞)を流入させる宗教、哲学
 比率の崩壊、否定……聖性・不可侵性の代用・濫用
 そこに「普遍」要素の導入……道具・機器は芸術へと昇華する……立花・能楽・茶道といった技芸へ
 通過儀礼と特権は、普遍性と反目しながら共存した
 信用はモノゴトの取引を保証する言語的行為…形の永続性は模倣・豊穣を企図する

デザイン(かたち)の永続性、コミュニケーションの持続性
共同体の強度、信用をもたらすかたち
⇒衣食住即人間模様

言葉のもとに根扱ぎにされる「現象」、不変の価値(生-持続)の希求のゆえに衣食住はその信じるもの(信用)の下につくりかえ、くみかえられる

湿地祭祀「原-太陽信仰とその変容」
植相と保水力の見極めが、墳墓文化(死者埋葬にともなう地力改変)へむすびついた。権力の場所化、祝祭化が、特定の「ニワ」「ウツワ」の利用と「滞在」の特権化へとつながる
 人柱伝説・悪場所(悪所)・カタリ(祭祀芸能)の発生
 永続的な特権・指示(貯蓄・占有の肯定)を書き記すための文字・法そして建築の装飾

地母神による死・出産・再生のメカニズム(グロテスクな洞察)

姥神(母子神)崇拝……湿地帯と出産のアレゴリー、太陽を出産する女たち
  神樹信仰と唐草文様
  子安信仰と神殿売春(不確定・不定形なものをいかにイメージするか)
  五感とうつわ(貯蔵を知覚したとき、はじめて記憶が生まれる)
   神人共食から儀式による蕩尽へ
  空間と時間のエッセンス(工芸的自我の芽生え)
 ミトラス神、ルグ神、毘遮那仏、ナルト叙事詩……仏教・キリスト教の母胎、騎馬鍛冶文化の記憶と古星座

ヒトを一か所に滞在せしめ、衣食住を生み出し、生活環境安定のためにさらなる道徳イデオロギーへと導く「人もよう」の研究
 春分夏至秋分冬至を経る、太陽の再生
ヒトの滞在は、水・火の滞留……「水辺の女たち」「生命の水」
 共食のための酒器、庭園

●職能とその分化……穀物神(year god)と大地女神
暦の分割と四季の彩……理知と信用
 普遍性の希求と帝国理念

テトラモルフと仏伝……天体観測による天則、方位のむすびつき
 四福音書記者(鷲・牡牛・獅子・人間)と法華経

凸型景観・凹型景観と春分祭祀(垂直的構造と日時計

 春分「牡牛座」の信仰と秋分「ミカエル」
 古代「パン」「米」供給と太陽神→軍事的な信仰(白米伝説)

始原の暦と豊穣の神話学
インド=ヨーロッパの季節神話から、衣食住の生活倫理へ
 もよう原理と五感をめぐる比率信仰⇒音楽・文様・暦算
 デザイン(かたち)の永続性
 鍛冶文化の所産としても度量衡の規格化、音楽・意匠の規範化
 信用のための技術・技芸

◎陰陽思想と太陽神崇拝
インド・ヨーロッパ文化と中国神話
死と再生について
道教神話群と仏教=ヒンドゥー教神話群の近縁性
汎ユーラシア的生活様式の存在、迷信とされる習慣の信用性
太陽神と悪竜の抗争(政治的イデオロギー)

翁⇒童の変若水、童⇒翁の通過儀礼・神話的表象、境界の水

水力社会と神話表象
●翁⇒女神⇒童子⇒水怪⇒翁……イニシエーションと再生祭祀
農耕前史と神話(労働と秘儀)詩歌と音素 言語の起源としてのかけごえ
 穀物霊とシンボリズム 衣食住そして性 「かけごえ」と「うたごえ」の間
天候や地形、道具や技術を包括した生活の体系……言語との連携=集団と文化
 文字以前の師弟相承の密儀
時間と空間の分割法「ひと・もよう学」
 豊穣神儀礼 ヨーロッパとアジアをつなぐ信仰
 労働のかけごえから密儀のうたごえに
  言語の性質の変化
 四季の移り変わり、農耕・豊穣から労働・法秩序へ=秘儀の世界は信用の歴史
「かけごえ」の始原は生死への注目「もののあはれ
信仰や民俗、技術による構造化、文化という人もようをつくりだす


 日本 ミヅチとしてのワニ(竜宮)、カガチとしての大蛇
  石神と護法神としての猿(守庚申)、酒呑童子とお菊・皿屋敷
  古代日本の防腐技術(水銀朱)、鉄の埋納と治水(ひょうたんなまず
   原型としてのオオクニヌシ……母子神としての再生
    遊女および妖怪(松浦佐用姫・和泉式部西行・飴買い幽霊・河童)に
    災害地名と歌枕……死と再生の合理的解釈、バケる地名と農耕革命


●縄文・ケルト・スキタイの治水神話群……蛇崇拝の諸相
 風水と神話学(災害からの避難、造形し、記憶する)
  ヴェーダ民族の祭式と性愛呪術(牧畜)
 竜退治とメリュジーヌ「蛇女」・ガルガン「鳥巨人」
  地形の改変(大蛇・鷲)の記憶……十字と渦巻、唐草(吉祥文様)と神話
建築技術、松浦佐用姫 型と反復、労働と秘儀のテーマ
 持続可能なかたちの研究
 象徴としての生と死が、もようとして表象
 人身御供・入水自殺
  知識の蓄積と農耕の推進力=伊勢神宮と人麻呂
空間と時間……聖地と祝祭
 聖人信仰の密儀=型と人形、模倣呪術
インド・ヨーロッパの宗教と衣食住のいとなみ……太陽神と治水神話
蚕-絹糸と朱-水銀、鍛冶伝承と災害地名……陽の景観と陰の水害

古代のカタルシス的宗教、ディオニュシア祭……悲劇
 三輪神婚、蛇身の女神、河童駒引伝説
 ヘルマフロディトス、リンガ=ヨーニ道祖神
 豊穣儀礼、斬首される神とヨーロッパ聖人伝説

神・風神・川の女神の崇拝……恋愛の豊穣性、巫覡の媒介性……記憶の蓄積

神仙思想と巫覡……「幻想」と「実践」
 治水事業と神仙思想の関わり……川が媒介する詩想
 「楽園」の具現という形で、国家的建築事業に転化
 原初・始原の「楽園」再現⇒荘厳具・めっき技術による「装飾」こそが政治の精神的完成
 記憶の長期化・蓄積

 古代の神仙思想の否定……「豊穣性」の否定、倫理道徳哲学
 しかし、proverbの次元でその「否定」を内包するのが道徳哲学

 龍女伝説(山から谷、そして河口、浜へ)
 蛇聟入り・母子神(姥神)信仰・河童
 浄化の水と「悪所」(寺地移転による氾濫原埋立)
  歌垣・内裏(エロスとタナトスの中心地・氾濫原)
  寺社の開墾と災害地名
   「地蔵」による記憶(西院の河原)
   龍女崇拝と異常出産(観音信仰)

ニワ・ウツワ的貯蓄構造……空間やモノに生の持続(時間的存立根拠)を愛しもとめる知
採集や狩猟、漁労から、牧畜農耕へと推移するなかで、必然的に集住形態が洗練されてゆくし、火や水の持続的確保にも関心が寄せられる。
灯火具や水瓶は神殿などの聖地空間で発展する。また大規模な土木技術で湿地が住みよい環境へと一変する。人間の生と死、そして再生が教義となり、太陽神話が労働を規律化する。

エジプト、ペルシャの大土木事業と、それにともなう接触変成作用
エジプト、インド=イラン、オリエントなどの古代文明がその先駆者であり、太陽神の下に秩序をえがいてみせた。大地女神による再生はより教義の内に埋没し、実際の担い手(祝祭)からは遠く離れたものへとなる。祭祀=詩はその一時的なつながりをよみがえらせるものである。

  いかにして、「原初の水」が霊魂と善へ、また現世の富へと変わるか「衣食住の充実」 洗礼と潅仏
 原初の混沌とそれを受け止める瓢、洪水神話と長寿神話
 太陽神話……王権神授説への抵抗
  一夜妻、流され王(太子信仰)
 観音・女神と母胎(へそ)

 婚姻、出産、刑罰のシステムの変化(と、カウンターとしての不変価値、復古)
 生殖・出産の「聖性」と燈明・聖水の「デザイン性」
「清浄性(明晰化)」共食・土木工事・戦争を説明する原理(始原)
 殺牛祭祀や、蛇祭祀などを引継ぎ、責任を負う知⇒宗教・儀礼による境界

モノを滞留させる、庭園(ニワ)なり、飲食の容器(ウツワ)なりの貯蓄構造=富の可視化

大乗仏教の極楽浄土と宇宙論……エジプト的な秘儀(アルケミー)
 四大元素と四方位、水銀による金の錬成
 「錬金術」「占星術」「芸術」的象徴……「原初の水」をもたらす神がみ
   空海インド神話四大元素と虚空・識)
   防腐処理技術と絵画……曼荼羅

異端哲学の登場、かくされた図像学
 ガンダーラの石工たちと犬儒学派による、秘儀=法華思想的論理
 香辛料貿易と金工技術


輪廻転生や時代・生まれによるカーストから、あらたな平等主義の産婆術へ
 虚実を分別する論理、ヌーメノン

プラトン哲学とインド密教……四元素説と気息

アリストテレスの不動の動者と北辰祭祀(日吉=法華)
最澄八幡神を日吉パンテオンの中に入れた


異界の詩学と時間性
 雁から白鳥へ(角の生え変わる鹿、脱皮する蛇、飛来する白鳥)
曙光と日没、そして春夏秋冬……さまざまなシンボルで現われる太陽神崇拝

シンボリズム・水の精と祭祀(狩猟と王権)
陰陽思想再建案……水神による生命持続
十二支との関連性……インド・イラン文化の水獣、ギリシア文化はポセイドンなどの形で受容、ケルトまで伝播?
月の兎、太陽の烏といったシンボル
原人崇拝とその解体
いっぽうで黄道十二星座、五大やテトラモルフなども影響……オリエントの占星術
 オーディン(風神)への四大の贈り物

「こよみ」太陽神崇拝と湿地帯の信仰(定期的な氾濫と地固め)
  中国では節句ごと、ヨーロッパでは春分夏至秋分冬至ごとの祝祭
   川とヒナ人形作り(土用・みをつくし・アンク……人柱のモデル?)車輪の移動、転輪法王(穢れと運命⇒アーサー王小栗判官

 アーサー王ヘラクレス(十二ヶ月の象徴化)
 十二ヶ月の象徴化以前には、十か月ないし九か月と「死」の二三ヶ月があった
 中国……禹王と蚩尤
  孫悟空猪八戒、そして「毘沙門天
   易と五行……煉丹術から四季と養生へ

春分夏至秋分冬至と祝祭
 半月・半年ごとに繰り返すこよみ(陰陽五行、季節呪術)
中国系(節句
 一月一日・三月三日・五月五日・七月七日・九月九日 ちまきと鬼伝説

地母神の秘儀と巧妙な隠喩・変容
 観音信仰と女神崇拝、農事祭祀
 ヘレニズム期・ケルト文化との比較
  インド……転法輪・マニ宝珠
  ガリアのヘラクレス(オグマ)ヘーラー(ブリギッド)と聖人たち

ケルト
 万聖節(11/1)-クリスマス(冬至・12/31)-インボルク祭(2/1)-復活祭(春分)-ペルティネ祭(5/1)-聖ヨハネ祭(夏至・6/26)-ルグナサド(8/1)-聖ミシェル(秋分・9/15)
 ヴァルテール・植田重雄参照。また十二使徒・マルガレーテやバルバラなどの聖人暦


 死と再生儀礼(太歳の干支と習合・植物の一年のサイクル)
 ヨーロッパのフォークロアケルト・ゲルマンとインド神話
  ギリシアの他界の神(ディオニュソス
  祝祭と「民族」大移動、キリスト教

 ●イースター(兎)
  聖ゲオルク(竜退治)
  ヴァルプルギスの夜
 ●五月の女神(馬)
 ●ヨハネ祭(野人崇拝、羊・猿)
  北斗七星としての野人(大熊座)
  羊飼いと隠遁苦行の聖人たち
 ●ガチョウ女神(ディアンヌ・鳥)
  冬のはじまり、聖マルティンマルタン)祭り
  天使ミカエルとガルガンチュア
 ●十二夜の聖人たち(狼・猪)
  太陽の冬至による再生(復卦)、ワイルド・ハント(荒猟)「ユルフェスト」
  聖ニコラウス・聖母マリアの宿乞い
  生命の樹と新年の門付け
 ●カルナヴァルの巨人(人形)
  聖ヴァレンティン
  ファストナハト(魔女や藁人形を葬る)・レターレ

  冬至夏至春分秋分:地上の方角をふくめて(√2の三角形、比例理論)
  上社・下社の対応(附・山アテ、堪輿
  十字表象・六角と八角……死と再生

北辰崇拝と表象(シャクジ・庚申)……犠牲の肉片、アーサー王の車、柄杓、一つ足、鹿
日吉山王信仰・伊勢(再生する太陽と不滅の太陽)
弥勒菩薩の半跏思惟、百済観音の姿勢など、北斗を象徴?
車輪(十字架と渦巻)
ギリシャ哲学と陰陽的世界観
パルメニデス


■災害地名、家紋、和歌
■原初の水と豊穣神話……湿地帯と治水技術
 想像・心理・欲望の根底にある「湿地帯」――楽園・浄土と庭園
  生存のための「原-記憶」 文化の無意識的連続性(唐草文)
  産業の立地条件(植物生育・鍛冶)と、その産物⇒王権の基盤としての衣食住(性)の整備

浄化の水と悪場所……河川技術と河童駒引
  松浦工法と清正公
  仮説・中国吉祥図案と災害地名、松竹梅
 植物地名・吉祥地名は豊穣の湿地帯と密接に関係する
  花鳥風月の主題(官吏として出世=湿地帯の楽園ユートピア)

 狩りの神と猿神伝説
 土木工法と流体工学(蛇抜・蹴抜考)
八幡・稲荷・熊野の伸張と古墳造成民排斥

太陽再生と御霊信仰、寺社の開墾と戦国武将の城塞化
  巡行と国見(地名の掌握と地固め現象)
  苗字・家紋は地名を掌握し、治水するだけの技術を得た証ではないか(中国の吉祥図案研究)

多くが萬葉記紀⇒古今へ流入、修験者により神仏習合、仏教的意義をもつことに

豊穣と収奪、型と人形による複製と祭祀
英雄と竜退治、野人(トリックスター)による狩り、供儀
 女神との性的和合、豊穣の予祝
水流・龍脈(水神)信仰、太陽(大日)北斗(妙見)信仰、酒宴・共食祭祀

強度(信用)をもってかたる思考の登場(世界宗教・哲学)
ペルシャ戦争前後、インド・ヨーロッパ語族の離散習合もまた顕

太陽神崇拝と国家の祭祀(八幡神)、およびその調伏の対象(酒呑童子
「ひともよう」「めぐりあわせ」「生命の持続」そのものは中動的であるが、支配⇔被支配の関係、せめぎあいにより成り立っている。その二元の境界のゆらぎ……共同体の儀礼・シキタリを伝える学問は、数知れぬ模倣(真似)の内に実体を観るメカニズムとして機能してきた。

  ムカデ・鬼⇔植物地名・桜・紅葉
「アヨグ」「サル」「ハケル」などの崩落地名を、鬼神の所為へ

「豊穣性」と景観……崩壊地名と吉祥地名

●高低差・崖、坂
●崩落・決壊
●地質の硬軟、水はけ
●浸食・湾曲
●蛇行
●植物の遷移・成長の可否
●放棄地・再開墾
●人為的破堤

タマクシゲ・ウチデ
チョウジャ
ツエツキ
キク・キリ
マツ(マツチ)・タケ・ウメ
イナダ・サルタ・カニ
サヒ・ソボ・アサヒ
ホケ・フケ

水利・水運そして製鉄上の不安定
耕地の確保
源融の「塩竃伝説(六条院)」と「渡辺」、紀氏たちの流され王


シンボリズムの世界、祭祀儀式の真正性……暦の運用とリズム感、音楽と詩の記憶性


造形美術とその根源
神的な恵みをもたらす「面」、災禍(差異化)を流す「人形」、そしてコトバによる「詩」の贈与
 原人伝説と供儀 翁-童のイニシエーション構造(隠遁・窶しの思想)
 四季が豊穣を齎し、やがては枯らす「うつろい」

アルテル・エゴとしての身代りを用意し、それを憑依させ、または追放する。通過儀礼は蛇儀礼のロジックを生命の持続……より敷衍すれば国家の祭祀へと高めていった。

西洋美術やアジアの他の美術についてもまったく同じことが言える。永遠の生命、そして生命の水を得るためのあくなき努力が、さまざまな神話を生み、それを少しでも長く維持し語り伝える鍛冶などのあらゆる技術を生み出したのだ。

真実=真相をハナシ、カタル語法の発達(擬人的なカタリ・詩学から)
 文法の組織、時間や空間の順序化(縁起)そして、演技

「仮面」を着けカタル(農業・祝祭としての予祝)

ディオニュソス祭であれ、神事を真似ようとする「猿楽」であれ、装飾(かざり)の上の擬人的コトバも、「面(ペルソナ)」が憑くことで変化することになる


 かつては真実は「面」を介さねば存しえない、コトバ自体の存立とも不即不離

 古代の神話と眷属神・護法神(古代社会を成り立たせてきた他者原理=シキタリが変ずるとき、倫理的な善悪の分化、そしてシンボルが生まれる)
自然界の様々な形象を模倣し、道具をつくってきた人間が、モノゴトを様々に見立てるとき、このシンボル現象が信用となり、真実となる。

人の移動(マレビト)とともに、旧来のシキタリは変動し、善悪へと分化する


●人文学の第一原理(Principia)はなにか。
 現代社会は言語の論理を第一原理とする。すなわち、人と人との間の関係性を、その周囲の自然や事物にも当てはめ(メタファーとして)理解している。市民科学の時代は政治的革命の時代であった。
 しかしながら現代のわれわれが直面するのは、人間どうしの関係の希薄さ、そして圧倒的な自然災害・病苦への無力である。「なれあう」関係性の論理の先鋭化は、空間や時間という感覚=間隔への感受性の喪失と言い換えることもできる。国家・民族・信仰といった秩序的な社会性(なれあい)によって、かつて人々が繊細に感じ取っていた(出あう)聖性や祝祭性が著しく減退する……「なる」の堕落が「なれる」なのだろうか?「あう」の喪失が「ある」なのだろうか?
 人間は「なれあう」からこそ「住まう」ことができる(ゾーオンの本質だろう)。しかしながら、「住まう」ことが何らかの理由で失われたとき……うたう=訴うという手段に出る。人文学の本質は詩的である。先に-掴む(Principia)という優越性が住まうことを証す。では「なれあい」「すまい」はいかにして捉えられるものだろうか?
 火の使用、道具の使用以前――人間が住まうためには、水を守り、水のために守り、水から守る「環境(めぐり-あわせ)」が肝要である。豊穣な大地は勿論第一のこと、それを真似て、理想の天地を希求し、すまう技術もまた必要とされる。その過程をふまえた上で、人と人とのなれあい、そしてpolitikon(まつりごと)が練り上げられていく。
 年中行事、そして祝祭は1年をくぎりとすると同時に、自他の境界をあきらかにするまつりごとである。

●言語の論理と衣食住の「副詞化」現象
 およそ天地に住まい「なれあう」ことが共同体の言語コミュニケーションに及ぼす影響。「ハレ」「ケガレ」といった直接的な接触の忌避がその一つにあげられる。
 生まれてから、死・腐敗・疫病に結びつく接触……衣食住、移動といった空間の変化、時間の変化をともなう自動詞は、婉曲表現をとりやすい。思うに、他の対象をとる他動詞にくらべ、「ニアル」「ニナル」空間や時間を取り扱う自動詞は、論理的な高次化がはかられるのだろう。
客(クセノス)としてふるまうこと、主としてもてなすこと。軋轢と暴力をときにともなうこの問題は、有史以来の歴史の問いかけである。客はマレビトとして、日々の主奴の秩序を揺るがせしめる。ゆえに丁重に扱い、隔離する。人間は自然現象にもこのロジックを当て嵌める。
 婉曲表現の一分岐である敬語表現・推量表現は、その重層化された空間や時間を指し示すひとつの表現法である。中世、また近世まで一般的であった身分による衣食住の厳しい区別、また祝祭のときの習慣は、まさにこの婉曲表現をモノコトにより代替したものである。
 象徴は、「変化」を目に見えるかたちであらわそうとする(代理-表象)の一形態である。
 それは、自他の境界を明確にするとともに、「なれあい」の限度――集団内の階層や秩序があきらかになる現象であるといえる。
 近代においては、「変化」は差異としてゾーオンのなかにわずかにとどめられる(「パサージュ」裕福なブルジョワの流行として)のみとなった。一種の時代精神であり、それらは金銭(富)という信用の量的要素と結びつけられると「信じられて」きた。近現代の美術はその証左として、他の物より抜きんでた発想や構成をいかに高値で代替(パトロネージ)するか、という娯楽的側面において考察されてきた。
 「変化」のうちに変わらぬものを見出す――相応の来歴や伝統という質的要素を代理-表象するときにも、象徴は作用する。むしろ「特権(Principia)」という考えは変化の対極にあるが、変化の中においてこそ作用するものである。ものがたりの中において、「特権」は「なれあい」の現在をかけ離れた高次の存在-信用によって訴えかける。ときに笑い、ときに不気味の異郷的世界における「生の持続」こそが、変化のうちの特権として認知しうるのである。

■共同体と行為的な「模倣」……実体と仮象の「連続性」「持続性」をた-もつもの
信仰的宗教は、人間の精神的規範をもうけることによって、この聖なる言語文化表象の広がりを変形することができる。道具の使用、そしてそれによって得られる感覚的充足……衣食住、そして性の設備は共同体の信仰により大きく制御されることとなる。言語とてその軛からは逃れえない。言語は記銘されることによって、その道具的性質、感覚的統御を一層強めることとなった。自然現象と時間・空間の認識(時空認知)から大きく変貌することとなり、古神界から逸脱することとなったのだ。

■神話(かたり)時代の古神界について、聖なるものどもの領域
「ひろがり」聖なるものどもの領域は、言語の「共有」がもたらす社会(つながり)の規範である。そこには空間的領域と時間的限界がある。
詩は、言語の信用性を犠牲に、古神界の遺物……シンボルとスキーマを空間化/時間化する。それは端的に言って、分化であり、変化(身代り=変わり身)である。
行為と想起を結びつける「精神」の誕生……鎮魂、再生


●言語・造形・生活様式
情報の性質についての研究
情報は言語の組み合わせによってもたらされる。それは言語を無作為・自由に操作すれば得られるものではない。絶えざる印象と表現のプロセスであるところの言語は、把捉しようとする他者との関係におおきく作用される。基本的にはいかなる空間でとらえるか、という現象への関心が、言語の形式となり内容となる。

集団によって了解された言語現象が、文化となる。
この定式は、言語とはすなわち空間化された信用であり、時間として積み重なった信用であることを雄弁にものがたっている。指し示し(標示)することにより共同体に主張し、しきたりを作り出していった。
空間は時間の規範である。時間を立証するには、なにか具体的に空間として思い浮かべることが必須になる。無を思い描くことが、時間を自由に思い浮かべることの基礎に位置付けられ、それゆえに発生や終末について副詞的に考えることになる。宗教的な信仰は時間の成熟した状態であり、神に誓い、あるいは望むという行為は、集団の時間を裏書きするよう語りうるだろう。

そして他者を物語る自己が、何よりも信用によっておのれの生を持続させて行くのだ。

 物語の発生・聖性について(言語はいかに持続したか)
 「もよう」の誕生、貯蓄と収奪の発生
 鍍金・朱塗技術……原始造形術と呪術・錬金術
  原始造形術は儀礼とともにあった
信用と清浄性……水銀メッキと錬金術
視る行為と現象、生の持続としての価値
そのために貨幣経済はその成立以来幾度とない革命に曝されてきた

 この物質的崩壊こそが、「口碑」「儀礼」の根源であり、より直截的にいうならば、「死と再生」の信仰と不可分のものであったことは、数多くの文化的共同体の基体として重層的な「死と再生」が意識されていることによって証される。祖霊の死は、はなはだ逆説的ではあるが、子孫としての再生として暗示されるのだ。風水や古墳ばかりでなく、西欧的な教会にいたるまで、家や墓は「母胎」のイメージから分化する。泉による取水や採鉱などの必要から山や洞穴を選んだ実用的側面も確かにある。だが、「炉=火処」の存在が、連想の決定的な決め手となる。
 そして、物質的崩壊の中心から周縁(境界)にかけて、男性的陽根崇拝としての石造物や建築が築かれることにより、一種の「再生」が意識されることとなる。河原や坂、もしくは「厠」という表象は、特殊な土木治水技術を要する都市の末端として、またケガレの漂着点、あるいは次なる再生の生産拠点となる。


●共同体の『持続』とものごとの『持続』……想話機能
 人間がたんなる群れから集団へなったのはなぜか。そこに意義をみいだすのは、もはや時代錯誤の試みかもしれない。鳴き声とことばを分かつものは何か、警戒色と表現を分かつものは何か、交尾や繁殖とフェティシズムや性交を分かつものは何か。そのどれもが、この現代文明の騒々しい瞬間的利便性のうちには錯綜せざるを得ない。
 人文学、そして言語についての問題は、もはや「もよう」が使い捨てのイメージとなってしまった現代には遠く隔絶してしまった代物のようである。マルクス主義フロイト心理学、柳田民俗学のような前時代的な文化人の教養が、もはや消え入りそうなエコーのように複製芸術の内に谺するなか、「神話」について物語ることは甚だ陳腐であることも確かだ。しかしながら、衣食住が数えきれない人々の手を経て、「あたり前」に享受される現在、集団をうごかす原動力としての「ことば」の研究は、見過ごされるにはあまりにも魅力的なのであることもまた確かなのだ。
 獣たちが遺してきた足跡が描かれるべき「もよう」となったとき、人間文化(ひと-もよう)のなかに生まれた劇的な変化とは何だったのか。いままで数多の学者に考察されてきたテーマではあるが、彼らの固執した国家や民族という机上の線引きにより、その真のダイナミズムは忌むべきイデオロギーとなり人々を苦しめることとなった。文字文明と非文字文化、どちらの側に属するかという問題ではない。目に見える「もよう」とやがて顕在化する「ひと-もよう」への洞察。とりもなおさず、その淵源は肥沃な三日月地帯やナイルの賜物に君臨した神々と、それを支えた人びとの治水技術から語り始めなければなるまい。

歌物語とその「ことば」
説話は受け取り手が理解しやすいよう変形されるし、その「場」にあわせて婉曲もされる。場の(政治的な)問題については、たとえば通過儀礼をおこなう限られた結社や、祝祭などの男女の交会の場もまた想定される。説話がなぜ分化するのか。それは時の流れと人の流れ、そして場所(環境)の流れといった現象の「転変」が神話素に決定的に影響を及ぼすからだ。
いわゆる枢軸時代に生まれた哲学は、その教理の魅力ゆえに王権と深く結びつき、あるいはまったく権力を拒絶した「結社」を作ろうとした。より普遍なる意義、不変なる価値を求めようと、場を超越した聖性、神性を表現しようと有らん限りを尽くした。そうして音楽や工芸など、特定の技芸への習熟と表裏一体となった集合知は、ユーラシア大陸の各地を駆け巡り、数多の模倣を生み出すこととなる。建築や軍事力などの「技芸」、為政者じしんの必要とする神仏の「代理人」としての座と、それらを超越した場としての「公共圏」を、近代以前の信仰共同体は提供することとなった。
わたしが考察にあげようとする「鉄王伝説」は、開墾し居住の場を拡げながら、結社どうしの「交会」により政治的関係を維持し、鍛冶という生業を「理(ことわり)」として活かしてきた共同体の存在を示唆するものである。それは古代にも、中世にも、近世にも、あるいはヨーロッパ、中国、日本にも鉄器時代以来遍在してきた現象であり、相互間の関係は多分に検討の余地を残すにしろ、前述の転変に伴いじわじわとその覇権を拡げていったものである。それは太陽神崇拝と大地母神、雷神崇拝と治水を生存の糧としながら、技芸を高めていった共同体の集合知である。

始原と不在……劇的詩学の根源
インド・イラン文化は、人々のいとなみに思惟をもたらし、造形とその崇拝をあらしめた。思惟は、始原と不在を必要とする。

「生命の水」を得るために、古来より人間はあらゆる工夫をこの地上に施してきた。治水はあらゆる階層の人間に分担され、「物心両面で」推進されていった。
いくら合理的な説明が為されても、共同体のうちに治水の重要性が周知される可能性は限りなく低い。知識階級の人間ですら、表層的な知識にとらわれて共同体の根幹的なインフラストラクチャーを蔑ろにする姿勢がよく見られる。
そこで、ユーラシアの各地にはある「かたり」の形式、「イニシエーション」の形式が流行することとなった。河川、泉を共同体の成年儀式や再生儀式の舞台とすることで、その場の持続をはかる……一種の民俗が生まれた。
農耕、牧畜、鍛冶などから生まれる共同体は、おおくの水を消費し、または動力としてつかうのは勿論のこと、ひとの生死にいたるまで、『生命の水』の恩恵にあずかることとなったのだ。

童子が一人前の男、そして翁へと成長していく神話的過程には、流浪をつうじて知識を得、河川のもたらす災いを克服しなければならない。また翁が童子に転生するには、泉の女神の介在が必要であった。それは冬になるにつれ衰え再生し、夏へ勢いを弥増す太陽神話と重ねあわされた。
数多の詩作や演劇で知られることとなったであろうこの原初の神話は、口々に語り伝えられつつ、多くのバリエーションを生んだ。また各要素が統合されることで、さまざまな神格が見いだされたことは想像に難くない。湿地帯、氾濫原にすむさまざまな動物が水の怪物として擬せられ、牛・馬・鹿・蛇をはじめ、竜、鳥女、天使、河童などのイメージが作り出された。
しかしながら、莫大な食糧、貨幣、兵力がうごく治水事業は不道徳の温床でもある。神話や演劇はそのいかがわしさが追及され、強力なリーダーシップによる規律と道徳を謳う信仰宗教がその解釈として覆いかぶさることとなる。治水の重要性・建築事業は修道院や寺社仏閣の「寄進」という形に読み替えられ、神話はその縁起譚・奇蹟として換骨奪胎が繰り返されたことだろう。河川の災いは民心の荒廃、悪魔の誘惑へとすり替えられ、数多の宗派対立を生みながらもその問題性は地下へと沈潜することとなった。
さまざまな「もよう」が見られる庭園や書画、陶器はただに河川や池泉の美を愛でる形式として発達したものではない。古代の魔術や神話を継承しつつも、そこには水をいかにコントロールするか、という試行錯誤が読み取れる。
中国では儒教のうちに古代青銅器への崇拝がみられ、それは三具足として仏教の供養にも反映された。
庭園であればわざと非対称にして水勢を穏やかにし、書画であればいかに均質、優美に筆管を揮うか、陶器は酒茶をそそぎ花を生ける華麗さという点において水をつねに気遣う。いわばミクロの治水であり、それらの名手として認められることは、すなわちマクロの治水をつかさどる天下国家の主に匹敵するといっても過言ではない。芸道は道徳宗教下の身分が卑しく、また異端として迫害される者たちの「アジール」となった。

新石器時代のヴィーナス(大地女神)から、人間は死の先にある再生を信じてきた。生の持続自体が通過儀礼を必要とする。死においても通過儀礼を経ることにより、植物から動物、そして人間にいたるまで再生することができると考えられたとしてもおかしくはない。
それらは「楽園」として表象され、通過儀礼の過程は「地獄」として様々な苦しみで象徴されるであろう。ヤマ(閻魔大王)がおり、アスラ(アフラ)神とデーヴァ(ダエーワ)神が闘い続ける世界。ガンダルヴァアプサラスによる絶えざる誘惑。インド・ヨーロッパの牧畜民の思い描いた神々の領域は、すなわち彼らの冶金技術そして治水技術とは無縁ではない。

中国・日本に至るまで仏教が伝来し、あるいはゾロアスター教やミトラス、マニ教ネストリウス派キリスト教が到来した。それらの根底には、バビロニアアッシリア天文学、エジプトやギリシア・ローマの神学を吸収したヘレニズム時代の詩学が少なからず影響している。神的現象の本質は、いっぽうでは善悪、もう一方では陰陽としてとらえられている。

冥界下りや水神退治は楽園に水を供給する「築庭術」の一つと考えればよい。大地母神は水路をつうじ死者を再生させる(蓮華のイメージ)。白鳥や蛇は天使と悪魔になり、人々を様々に誘惑しながら、治水の難事業を遂げさせる(英雄は川から流れてくる赤子として表象される)。そして太陽、月、および北斗七星が、休まず一年の月日を告げ知らせる暦として神格化される。

詩は、巧みに人体という小宇宙と大宇宙たる環境を照応させながら、衣食住の始原をものがたり、しきつめ、組み合わせる(こと-均し)。日本文化であれば四季の循環がすなわち五行の循環であり、整然と体系化しながら、いけばな、庭、茶道として結実した。錬金術や中世哲学として、四元素説が尊重せられたのも、一種の統一的詩学が希求されたからである。四元素説は乾坤離坎を基とする易と相通ずる。

身体の治水技術――身体を魔より守る、清めや洗礼といった水を用いる習慣、供儀から派生し、油や灰、獣の皮をまとい胎児を「装う」再生の儀式、またはより概念化された占星術・哲学・ヨーガなどを実践する習慣。医学は様々な試行錯誤を経て理論から実践へと移行する。香辛料や酒(生命の水)、薬効、覚醒という「即物的」癒しは、実践から理論を生成するメカニズムであるといえる。

――さまざまなもようのある「うつわ」を愛でる、という行為は、理論(般若)と実践(方便)の合一という論理のあわいにあるどこか無茶な「無理強い」を価値体系により承認せしめる(茶道ひとつをとっても、富と医学を象徴した香辛料入れを茶入に見立て、様々な雑器をその従たる茶碗に見立てたという行為に端を発する)。

どのような国家の、どのような民族において、どのような知の枠組みにおいても、この種のフェティシズムは強力な陶酔、そして催眠作用を有する。たとえ些細な文字であれ、いかなるかたちに愛着をいだかぬ、無関心な人間などいない。それは形に執着しなければいかなる生も持続しえなかった、偉大なるおそれとおののきによって人間は生かされているという事実を突きつける。

言語は――もようというゲシュタルトに宿った畏怖を、水路都市に住まう人々の原始的契約として刷り込み、権力や秩序の下に生かす。もようは自己への否定、異化作用、警告であり、模様を知らなければ生きることは難しい。

かくして人間のもちいる道具、衣食住、および造形術は、神話の否定としての道徳宗教からいまだ解放されていないし、認知的、また根源的(Affordance)には神話がいまだ生き続けている。

無文字文化から文字による道徳的宗教の移行――湿地帯を切り開き、上下水路(泉と厠)を備えた集落が生まれ、巨大な都市へと抗争を続ける過程

ユーラシアにおいてその手法に少しながら変化が生まれる契機には、ペルシア帝国の誕生、そしてアレクサンドロス大王による「ヘレニズム」、ローマが分裂し、イスラームや唐へと一大通商路が生まれた「中世」、パクス・モンゴリカと、陸海の通商が決め手となるだろう。たしかに皇帝による強大な官僚機構は通商の先駆となりうるが、その後の少なからざる「不確定性」が、人々を知の交流へといざなう。

 人間が肥沃な氾濫原を切り開き(日本神話では蹴裂という所であろう)、荒れ狂う河川の姿を記憶に留めようと志したその時、獣たちが遺してきた足跡は「もよう」となった。粘土を捏ね、草や葉の繊維を漉しとり、あるいは岩絵の具を削り、湿地に集う鳥獣たち――そして人間の「似姿」を留めようとしたその時である。やがて、描いた「もよう」に意味が宿ったときには、群れの上下関係は集団的な分業となったいたことだろう。ひとりひとりの「生」に意味があり、「死」にもまた謂れがある。社会をはぐくんできた「生命の水」は集団的な儀礼を根拠に管理され、やがて神に捧げられることとなった。

 かくして、川や草花を抽象化した「渦巻」、木組みや人形(ひとがた)を捨象した「十字」、そして方円といった定規とぶんまわしで作図ができる図形にはさまざまな意味が付与され、衣食住をかざることとなった。これらのもようが食器や甕に描かれ、また服飾や神殿を彩るとき、そこには「生命の水」が根底にあるのだ。

 しかるに、「生命の水」を周期的に管理する労力は、その惰性的な途絶、また社会的な離散とも不即不離の社会問題でもありうる。牧畜文化であろうが、農耕文化であろうが、また商業都市であろうが、環境的負荷や社会的な変動が「生命の水」を涸れさせてしまう事態は歴史の多く証するところである。人間文化はこの著しい難事業である「治水」に、一方では厳しい資本主義的階層社会を形成すること、もう一方ではエロティシズム的な表象文化によって物語ることで、対応を試みたといえる。

 英雄が岩の中から、または川から流れてきて生まれる異常な出生譚、川の怪物が動物や人を誘惑し、あるいは引きずりこもうとするユーラシア各地に広がる神話素(河童駒引)が、この仮説を証する所となる。近代の学者たちはここに人類学的な類型を見、文明に染まらない野生のユートピアを見た。しかしながら「治水」という観点からは、この荒唐無稽ともいえる作り話を信じるのではなく、「生命の水」を管掌するための「観念連合」として記憶することに非常に興味を覚えるのだ。

 そうした「悪場所」のうちに数多の物語、そしてシンボルが生み出され、身分違いの恋愛から革命的な政治にいたるあまたの「ひと-もよう」が展開されることとなった。もちろん、それを「社会的な歪み」ととらえ正そうとする「道徳的宗教(いわゆる枢軸時代の)」もまた誕生することとなる。「生命の水」に直結する大女神崇拝は売春となり、金銭の搾取の構造は差別と受け取られる。しかしながらそのイデオロギー闘争の中には、それの依って立つところの「衣食住環境」への反省を見ることは少ない。ましてや根本的な「治水」を問い直すことはもっての外であり、益々治水の神話学は秘儀的なものとなり、水面下へ沈潜、意味を再生産していくこととなる。

 治水の神話学の痕跡は、かくして一方では「ナショナリズム的精神論」一方では「類型的な迷信や吉祥文様」として近代資本主義を生き抜くこととなった。単なるうつわや絵画が高値で取引され、そこに素朴なる禁欲的価値を見出す近代的な美術鑑賞――具体的に言えば茶道など――はその一端である。住環境――庭園や寺社仏閣、衣食ひとつひとつが、マクロコスモスであるところの都市を支えてきた治水、そしてミクロコスモスであるところの医学(身体の治水であるといえる)の結晶であるはずなのである。

やまとうたの原像(景観から読み解く百人一首)

やまとうたの原像(景観から読み解く百人一首
人丸から猿丸へ――定家の和歌改造論
 なぜ、読み人知らずの和歌を天智天皇の和歌としたのか?
 なぜ、俊成の和歌と猿丸大夫の和歌が似ているのか?
 なぜ、似た歌趣の和歌(特に難波江の和歌)が多いのか?
百人一首の特徴……単なる秀歌撰ではない、古今集以来の「辛酉革命(御霊)への抑止力」
天武朝に導入された物質民俗(内丹・外丹)、五行思想を凌駕する知識……天台思想、真言密教にもとめられた役割。丹田は内なる炉となり、悟りは精神的意義を強調される。神仙的錬金・錬丹の文化は、やがて呪詛と怨霊の信仰となり、「猿楽(能)」による成仏・鎮魂へとつながっていく

我々にとって身近な古典である百人一首藤原定家が小倉山荘で百人の歌人を選び、代表歌を一首ずつ選び出し色紙に認めたという著名な伝説とは裏腹に、凡作説・偽書説・他撰説などの批判や議論も数多い。
百人一首は歌かるたとして享受される以前、中世以来の古典学である古今伝授の文脈にあった。古今伝授もまた荒唐無稽な妄説として現在ではほとんど退けられている。しかしながら、和歌史が萬葉時代から近世まで千数百年の命脈を保っていたのは、ひとえに古典学による歌語りの維持の努力があった。
確かに、百人一首には一見重複に思えるような似通った和歌もあれば、おおよそ歌人の代表歌ともいえないような凡歌も多いのは事実である。しかしながら、この書が永らく、「古今集」「伊勢物語」「源氏物語」を読み解くうえですぐれた入門書の役割を果たしていたことを念頭に置くべきである。
現在我々は、光源氏のモデルは「源融」であり、昔男のモデルは「在原業平」であることを難なく受け入れている。勿論、光源氏のモデルには源高明藤原道長などの候補もいるし、伊勢物語は貴賤を問わぬ男女の雑多な歌物語の集合体であるので、だれか一人のモデルを当てはめるのはナンセンスである。それでも、彼らの伝記的事実を併せ読むことにより、これらの物語がより魅力的に映り、和歌を学ぶ動機となったことは確かだ。語弊があることは承知だが、定家以来の「印象操作」といえる。
そして定家自身も、永らく源平争乱の世にあって官位昇進もままならぬ苦境にあり、ようやく最晩年に至り「権中納言」となり出家隠居の身となった。その途上には、新古今和歌集編纂をめぐる後鳥羽院との反目もあり、また能「定家」に描かれるような式子内親王への執念も(虚構ながら)伝説としてまた残っている。
中世・近世と脈々と恋愛詩・叙景詩の伝統として「やまとうた」が学ばれてきたのは、この「印象操作」「自己演出」――修辞学が貴族社会の必須教養として求められてきたからである。それは、国家的歴史編纂事業が日記・有職故実といった先例の記録へと変容した王朝貴族社会にとって、書き記されない(書き記すことのできない)行間を読むことが――政治的大義名分よりも優先されたことにも起因する。行間とは何か。怨霊への怖れであり、政争に敗れた者への共感である。

そもそも大和国を離れ永らく山城国平安京を政治中心地として選んだ貴族たちが、「やましろうた」「みやこうた」ではなくあくまでも「やまとうた」の呼称に固執しつづけたことに疑問をもつべきである。
大和を揺籃の地とした和歌は、その後数百年の間、藤原氏(北家)が外戚の地位を独占するまでに排除された他氏を主な担い手として、そして敗れ貴種流離の憂き目にあった皇子たちの庇護下に成長した。

かれらが恋愛詩・叙景詩を先鋭化させていったのは、単に文化的な意義のみにとどまらない。むしろ奈良時代以前の遺風である、子孫を遺し、豊穣な土地を(軍事的に)支配する「呪術」として、コトバの意義を認めていたのだ。朝廷内での限られた政略結婚とお世継ぎの誕生へのプレッシャーに矮小化する以前の、陰陽和合の道である。
その原像は、「八雲立つ」と云うようにスサノオオオクニヌシといった出雲の神々に求められるだろうか。彼らは山林を渉猟し、「国見」あるいは「妻問い」を行うことでその土地・血脈を支配しようとした。しかもそれは単に見境なく領土を拡大し、女性を口説き落とすものではなかった。大陸との交渉を通じ漢籍の知識を蓄える中で、「仙境」「龍穴」「蔵風得水」の地にヤシロを建て、そこで次世代の子女を育てることが肝要と考えられるようになったのだ。
「蔵風得水」の地は、ランドマークとしての隠国的世界観(凹型景観)と神奈備的世界観(凸型景観)へと分化していく。
こうして万葉時代に完成した(陰陽が強く意識された)「やまとうた」の論理は、延喜時代以降は過剰な性への強い執着――「色好み」ととらえられ、そのトリックスター的技能は忌避されることとなった(皇統簒奪の危険)。そしてそのタブー視はこれまた過剰な現世忌避へと人々を駆り立てる。死と再生の太陽神話は、仏教的・神道的な倫理をにわかに帯びながら、凹凸的景観を宗教的建築物で覆い隠すことで、特定の経典への権威主義へと変貌していった。(生きられた空間と時間は、聖地であり、祝祭として記憶され、再生される)
歌垣・一夜妻と景観
農事暦と「妻問い」は密接に関連し、太陽神話の「再生」が要となった。ユーラシアの東西でとりわけ重視されたのが「春分」である。春を迎える呪術は、そのまま「回春」の呪術となり、「癒し」の空間として龍穴などの凹型景観が希求された。
観音信仰は、この「クマ」、隠国の地形に依存するようになる。それとは別に、阿弥陀信仰は、以前の神体山信仰を取り込む形で(山越阿弥陀)、浄土への救いを体現するようになる。そして難波江に流された皇子たちは、エビス神としての役割を負わされることとなる。単に交易地としての大宰府があっただけでない、再生する太陽神話のシンボリズムである。業平ではこの論理は逆転し、東下り・伊勢下向を経ることで翁として老化することとなる。


龍王・龍穴への見立て
源氏物語」では、罪人として流謫の身に遭った源氏を「癒す」明石の君の存在が、龍女聖婚の話型を取っていることが着目される。洪水による漂流~女神との成婚~エビス神としての致富譚
八幡宮信仰の両義性(和合)凸型景観と凹型景観の「両性具有」松尾・稲荷
古今和歌集の撰歌と六歌仙、業平・小町伝説(小野氏・秦氏・紀氏の記憶)
 飛鳥(聖徳太子)~奈良(天武)期の仏教傾倒……かつての龍穴の地は観音の垂迹地へ
 道教寄りの内丹・外丹的な実践的教義から子宝招福の「吉祥」現世利益へ
 小野氏のように、山林を開拓し木地師や漆工・番匠を抱え仏教化する名族
 「カミ的」災禍への畏れ……繁殖力が強く、吉祥と音が通ずる意匠「家紋」の広まり……いっぽうで捨象、隠遁・花鳥風月を愛する風流、神仏と結びついた雪月花の幽玄世界へと展開
 源氏と妙見、八幡崇拝……大造営・大開墾時代の到来と物資輸送、武士団の形成・血統意識

●怨霊信仰(織田正吉説)
 天智-持統-陽成-光孝-三条-崇徳-後鳥羽-順徳
 乱、排斥の敗者というテーマ⇔紅旗征戎我が事とせず
 天武朝(吉野)と天智朝(近江)の衝突。記紀旧名族と新興「(源平)藤橘」の交替(人麻呂)
 流謫、簒奪のテーマ⇔父子(師弟)相伝
 山柿の道……復讐の古今集(アヲ緑の呪術)
 小野篁の冥界下りと業平の東下り、小町の落魄
 惟喬親王擁立失敗、密教の呪詛(天候呪術)、風流
 マレビトと先触れ
●苦と二河白道説(草野隆説)
二河(淀川と大和川
都から水無瀬、そして住吉(墨の江)へとつながる浄化の水と、乾(大江・嵯峨)から巽(宇治)へと吹く雷雨(菅原道真の御霊化)
藤原氏の旧名族・源平抑圧(小野宮惟喬親王伝説)⇒源平内乱・武士の世
仏教や神道が混淆、「鬼神」が政治情勢を席捲

●歌語の類似(四季などの部立てではない)、歌人の親子関係
六条家の人丸影供に対抗するため、定家(およびその後裔)たちは猿丸をその歌学の中心に据えようとした。すなわち「早歌」を詠歌の基本とし、本歌取りにて自由自在に歌趣を翻す法を猿丸になぞらえたのだ。そこには父・俊成の権と実の止観説を接受し、天台思想の護法としての猿に「なりきる」という意図もある。
百人一首法華経信仰
  源氏と伊勢(騎士道文学と「犯し」の文学)救済(きよめ)の必要性
  俊成と西行(天台思想の転換期と仏教的象徴の受容)
  雪月花と仏教世界の見立て

具体的な転換期……武士の世への転換、西行と戻り橋
 血縁となった宇都宮氏(道兼流)の猿丸伝説、西園寺氏への歌学伝授……色紙和歌の誕生
西遊記と日光山縁起(猿丸伝承)、やつし・片目の詩人たち
 五行相生により零落(死)する有宇(卯)中将、復活する馬頭御前、猿丸
 因幡の素兎(波兎)十二支、陽(木気)のはじまり……白鳥、陰気(金気)の窮まり
 稲の実りへの「予祝」、恋(色)の再生のサイクル
 藤原定家の計画……後鳥羽院の鎮魂……金気・鳥霊の調伏による春の到来(易)、天地人(赤人)猿
「涙にぬれる恋」のパトスを怨念、そして宗教的熱情へと変換するシステム……父・俊成が為した歌論の深化、「天台思想(止観)」の推進
そのために後鳥羽天皇は「利用」された

吉野桜(しろたへ)・龍田小倉紅葉(くれなゐ)六首と風(柳や杜若は風に散らない)
 破軍星の位置に位の低い「紅梅(貫之)」と「白菊(みつね)」が来る(官位への恨み)。また、柿本(青柿=未熟)と赤人
 また、古き軒端と霜より、それぞれ順徳歌と家持歌が連想される。「心あてに」「心もしらず」と心あくがれる御霊を連想。平安京の終焉がテーマ?
松(冬)・蘆(夏)と普遍性・未熟性(夏・冬はあを系の季節である)
 住吉の松・難波江の葦
鹿の崇拝(香具山、春日、宇治山)=人麻呂の原像?
鳥と風神、蛇と雷神(スサノオ時代からの古神界的伝統)「あをに」と「朱丹」(サナヘとニヒナヘ)……金気の神と防腐技術(松ないし水銀への言及)

百人一首、桜と紅葉による菊梅への呪術
松と竹……不変の緑(常世)による、紅の世界(浮き世)の制圧呪術
 伊勢から難波江(住吉)への太陽の道、日想観、人丸
松や竹の緑を祝い、紅葉や桜の色はうつろう
 色づく「山柿の道」であり、「犯し」秩序の仮面劇、原始的リズム(真似)
思う⇒逢う⇒名が立つ⇒別れる⇒忘れる恋のサイクルと、その脇道としての「人生まる」政治の転変
 父子相伝の和歌の道……緑⇒赤の(古今)貴族的秩序と、定家の生涯的テーマ
予祝としての雪月花が、仏教的世界観の雪月花に

 

重層構造と経緯構造(近畿地方は山地と川で分かたれる。かつて屏風歌で詠まれた歌枕もそれに沿って分けられ、四季の移り変わりを持たされた。)

地理的三重構造
(第一階層)都の月・時鳥・キリギリス(音と光から末法・仏教的世界を導く)
淀川
(第二階層)摂津・難波江の松・葦(万古不変の世界)
大和川
(第三階層)吉野桜・龍田紅葉(しろたへ、くれなゐの世界)

伊勢物語経糸(小倉山~二上山
 小倉山~小塩~大原野長岡京~芥川~渚院~天の川~高安~龍田川~二上山
水無瀬には粟辻神社、石切付近には千手寺がある。
源氏物語経糸石山寺長谷寺
 石山寺~猿丸神社(奥山)~長谷寺~吉野(天武系)
六歌仙経糸
 (近江神宮園城寺~逢坂(関寺)~小野随心院~喜撰山~(井手・瓶原・鹿背山)~春日山和邇下神社~良因寺~三輪神社~多武峰(近江宮~御破裂山)

 聖徳太子期~聖武天皇期に社寺建築に奔走した小野氏系近江木地師のルート?

伊勢・源氏の緯糸
 高砂~明石・須磨~(日下)~春日(山陽道
 八橋~宇津峠~富士~隅田川東海道

  筑波山塩竃、信夫山と遠国の歌枕は続いていく
萬葉の緯糸
 高師浜信太山?~二上山大和三山藤原京)~初瀬~伊勢神宮~二見浦夫婦岩

人麻呂時代の藤原京条理計画と五畿七道の整備
 東西軸(二至二分の際の日の出と日没)
 南北軸(北極星・北斗七星と南中)
「上書き」されていく南北軸……桓武天皇の遷都と治水技術
 自身の皇子たちに妙見(破軍星)信仰と水源治水技術を教え、他氏族との政略結婚をすすめた?
桓武平氏とゆかりの妙見・七塚信仰(俗説含む)
 京都(桓武天皇、四神相応「説」、御霊神社と鎮宅霊符神)
 神戸(平清盛、生田神社をめぐる北斗七星信仰)~布引滝
 熱田(織田氏……平将門調伏の地)
 千葉(千葉氏……七天王塚)
 江戸(坂東八平氏太田道灌平将門七塚
隠国的な土地に、条理構造に不可欠な北辰(子午)の軸――桓武天皇の子孫はその建築的知識を生かし、「平野」を望む山麓に城塞と兵站供給の地を設けていった。名こそ在原姓ではあるが、業平もそのひとりである。
それとは対照的に、川沿いに八幡宮を勧請していったのが源氏である。その対照性は、桓武平氏法華経信仰傾向、清和源氏の浄土信仰傾向へと流れ込んでいく。
神・風神・川の女神の崇拝……恋愛の豊穣性、巫覡の媒介性……記憶の蓄積
「豊穣性」と景観……崩壊地名と吉祥地名
八幡・稲荷・熊野の伸張と古墳造成民排斥
 ヒの国(南宮)とネの国(宿神)ネのシンボル破軍星と、ヒのシンボルムマ(午)
太陽再生と御霊信仰
浄化の水と悪場所……河川技術と河童駒引
  松浦工法と清正公
  仮説・中国吉祥図案と災害地名、松竹梅
  戦国武将の築城と武家起源再構成
小町伝承、西行戻り伝承と和泉式部伝承(ウタ地名)
寺社の開墾と災害地名…「地蔵」による記憶(サイ(サエ)地名、西院の河原)
赤子塚・夜啼石・子守信仰(コヤ地名)
 龍女崇拝と異常出産(観音信仰)
 龍女伝説(山から谷、そして河口、浜へ)
 蛇聟入り・母子神(姥神)信仰・河童
 浄化の水と「悪所」(寺地移転による氾濫原埋立)
 歌垣・内裏(エロスとタナトスの中心地・氾濫原)
 狩りの神と猿神伝説
 土木工法と流体工学(蛇抜・蹴抜考) 
 三輪神婚・俵藤太竜宮入り……蛇・ムカデ・鬼⇔植物地名・桜・紅葉
「アヨグ」「サル」「ハケル」などの崩落地名を、鬼神の所為へ
●高低
●崩落・決壊
●地質の硬軟、水はけ
●浸食・湾曲
●蛇行
●植物の遷移・成長
●放棄地・再開墾
●人為的破堤
景観、神紋と象徴
 タマクシゲ・ウチデ(槌)
 チョウジャ(丁子)
 ツエツキ
 クギヌキ・クツヌキ・クヌギ
 キク・キリ(菊・桐)
 マツ(マツチ)・タケ・ウメ
 イナダ・サルタ・カニ
 サヒ・ソボ・アサヒ
 ホケ・フケ

古今・源氏・伊勢の秘儀的伝授
屏風歌と歌論……「時空認知」と風……住環境、道具へのさまざまな表象⇒色紙・屏風に風(巽)鎮めの歌を書き、図像であらわす
艮(山・鬼・童子)」の気に退治する土用
 雨乞いの歌人たちと風除けの和歌
 土気の顕現としての歌
牛に乗り、あるいは虎皮を帯びる天神……901年、昌泰の変
流され王、太子信仰と「土気」の童子神……捨て(酒呑)童子
酒呑童子、猿神と鶏神(雷神)の同化
  財神としての風神(巽卦)と豊穣神としての雷神(震卦)の「鬼化」
 太陽神・酒神をかねる帝へのファルス・タントリズム
因幡の素兎(波兎)十二支、陽(木気)のはじまり……白鳥、陰気(金気)の窮まり……秋に控える稲の実りへの「予祝」、恋(色)の再生のサイクル
荒ぶる山の神を豊穣のカミへと変貌させる⇒三輪山神婚、賀茂丹塗矢、酒呑童子
平安貴族と桃山・慶長・寛永文化、「わび」からの真相看破
かくされた法華信仰――茶道と徳川支配(狩野派琳派研究)
 中世の世阿弥的な思想圏(序破急)を経由し、本質上の聖性の「見極め」、自覚を要する
だいこく(太極)が北。立花の秘儀化。
能の五番(翁(春)・修羅(冬)・鬘(夏)・狂(秋)・鬼(土用))
 扇の文様、それぞれ蓬莱・日輪に波(貝)・紅花牡丹・秋草菊
伊勢物語の男と翁……冬至に太陽神(伊勢大神)の再生、「箸墓(バウボーやシーラ・ナ・ギグ)」
 同時期インド・ペルシア(オリエント)の太陽神崇拝と並行。ケルト・スラヴ・ゲルマンの「異教的文化」の易的解析

 形式化した真行草、格式ばった貴人手前からのアンチテーゼであり、法華信仰に立脚
稲作の予祝、雪=白道、コヨミの月=釈迦、花=法華(天台思想)
そして、装飾的な雪月花文様(十二ヶ月花鳥、月に時鳥、雪輪文様)⇒漆芸の発達・流行(高台寺木地師の活躍
 卑賤でありふれた今焼や運び手前からわび、やつしの趣を見出だす……しだいに家元の好、免状といった教条・格式へ
 さらに古層の仙薬神話、翁→童、童→翁「認知(アナグノリシス)」の共鳴、禹歩……変若水の探求と河の女神
 道具の原型としてのひょうたん(切断面によるうつわの分化)

漢画の精髄と大和絵の変容
 青柳と十二支、春夏秋冬と陰陽
 洞庭湖八卦と八景)と壺中天、赤壁(参星)
 吉祥図案・仏教的隠喩をみがきあげる(松竹梅・七福神
 竜虎(東西軸)や寿老人(南斗)、恵比寿大黒にマニ宝珠

 五節句図(子の日松、雛祭・曲水宴、菖蒲・鍾馗・金太郎、七夕・織姫彦星、重陽節句・菊慈童)
 探幽が粉本から水墨画を量産していく絵画手法を確立したのも、案外このロジックからではないか。
 強力な王権による弾圧→光悦・琳派による無言の抵抗
 風神雷神図……太陽(離)を冒す神と政治的メタファー

ひと・もよう学序曲(治水と説話)

若尾五雄の独創的な着眼点は、巷間彼の業績として伝えられている「鉱山民俗学」や「河童は渦巻である」ではない。

 

若尾の説の分かりにくさ、とくに論証の弱さとしてとらえられた所は、そうした彼の思考の結節点に至る様々なプロセスが無視され、語呂合わせなどで直感的に推理されたと受け取られた点にある。

昭和33(1958)年12月、かれが『和泉民俗』に載せた最初の論考は「久米田池の伝説と史実」であった。そこから「和泉国府の伝承」、「岸和田狼王と水の神」、そして「土木工法の伝承」といったトピックに論が進んでいく。「鉱山」「鬼」「河童」といった枝葉末節においても、基本的な思想として「治水」「水利」についての研究が内在する。

 

「治水」についてドラスティックに考察した思想家に、前記事で挙げた小川豊のほか、『物語 日本の治水史』を著わした竹林征三、そして『風土記世界と鉄王神話』にて若尾とも通ずる鍛冶神話の考証にあたった吉野裕などが挙げられる。説話の世界に潜む河川技術の伝承については、もっと注目されてもよい。

 

 

私は蛇や猿が婚姻をむすぼうとする「異類婚姻譚」、そしてより古層の神の子を産む「神婚説話」、そして金太郎などの「姥神・鬼姥」はもともとこうした河川技術の伝承を目的としたものだったと考えている。

 

鍛冶や炭焼きが「朝日」長者となり、竹取の翁が拾った姫が「一夜にして」大きくなる。もちろんそこには製鉄にまつわる伝承も含まれているが、そこには「ウバガフトコロ」「ソボ」といわれた赤土の産生地に集住し、その故に常に「蛇抜け」「猿」などと呼称された河川災害に悩まされてきた古代人・中世人たちの悩みがあった。

 

植物地名もまた重要である。しかし通説のように吉祥などを期待して植物地名を名付けるのではなく、「水害地の特質」がそこに好んで生える「植物の特性」と結びつくが故に、植物名となるのではないだろうか。梅は土質を好まず植えることができる。笹や竹は人為・自然の攪乱に強く、根を伸ばす。松は厳しい環境下でも根を張ることができる。梅田は「埋め田」の語呂合わせ、嘉祥地名といわれるが、むしろ「埋め(昧)」の状態でも育つからこそ梅であり、根の保水力、土壌改変によって堤防を作るのが狙いだったのではなのではないか(逆に芝や草などの草本が名付けられた地名は遷移の初期を表し、氾濫の頻度を物語る)。

 

化け屋敷、飴買い幽霊についても同様である。このうち、飴買い幽霊は中国の伝承を高僧が取り入れた創作であるという説が柳田国男以来の定説である。お菊井戸については以前推論を述べたことがあるが、クク(自然堤防)だった土地に新たに屋敷を建てたところ水害で欠けが生じ、井戸が使い物にならなくなった土地をサラ屋敷と呼んだことが考えられる。

飴買い幽霊は雨で産女(埋め)状態となっていた河原の墓地が崩れ、そこに新たに赤子(蛇籠)で護岸を施したことを説話化したものだとおもう。問題はそこに女人成仏の教義が内在し、法華経信仰がこの説話の流行の一助となっていた側面である。

 

古くは太子信仰、天神信仰天台宗日蓮宗の存在基盤となった法華経信仰を、のちの治水巧者である加藤清正や成富兵庫が信仰していたところを見ると、この北インド成立の経典がインド・中国の治水術(風神雷神崇拝、竜王への雨乞いもまた含まれる)を取り込み、説話(直談)などで教義とともに流布していったことがのちの近世大名・武士主導の治水事業につながっていったのではないか。

そのグロッサリー的集大成が「日光山縁起」、つまり猿丸大夫伝説であり、桜(裂クラ)、紅葉(揉み地)、雪月花(ともにその年の稲の出来の予兆となる景物だった)を愛する労働歌たる俗謡から和歌・連歌といった雅のウタの世界にも通底するものである。

 

(若尾の業績の紹介をするつもりが、まだまだ晦渋な自説の開陳となってしまった。)

「ひと・もよう学」巻頭言――2024年、若尾民俗学の継承

今をさかのぼること30年前、ある老人が大阪・岸和田でその生涯を終えた。

 

もと産婦人科医。生涯を懸けて「物質民俗学」なる学問をとなえ、岸和田の史跡研究から発展した「松浦佐用姫伝説は土木工事伝承」「鬼・修験は産鉄民」「河童は渦巻である」などの主張をみずから発行するミニコミ誌で発表し続けた。まだ鉱山業を知る人物が日本列島に点在した昭和30年~40年代、ときには所属する医師会の旅行に便乗するなど、フィールドワークを綿密に重ねていた。其の説は(偏屈な彼の気性もあってか)はじめ首肯する人物は多くなく、少しでも興味を示した人間には彼の質問攻めに遭い、そのミニコミ誌――『和泉民俗』『泉州情報』が毎日のように送り付けられたという。

 

30年の時が過ぎた80年代後半ごろから、心酔者の出版社社長・芝正夫がかれの学説を編集し、『物質民俗学の視点』全3冊を刊行している。しかし志半ばで芝は没し、民俗学者森栗茂一氏がその難事業を引き継いだ。

morikuri.cocolog-nifty.com

誤字・論拠薄弱のきらいのある癖の強い文章の「ゴーストライティング」に不満タラタラであったことは森栗氏の後年の述懐に表れている。すでに80歳を越えていた老人にかつてのフィールドワークの記憶はなく、原稿に目を通す体力はなかったが、「著書」を後生大事そうにさすっていたそうだ。そして森栗氏が阪神淡路大震災の復興に向け活動していた平成7(1995)年、老人が没したことを知らされたとのことだ。(後述の井上説によれば1994年没)

 

その男、「若尾五雄」の学的成果は、果たして過去の遺物にすぎないだろうか?

 

岐阜・垂井の南宮神社を同時期に探索したことで知己となり、ときに若尾の産婦人科を訪問することもあった谷川健一が『青銅の神の足跡』を著わし、鉱山民俗学は日本の読書界を席巻した(文庫版のあとがきは森栗氏が担当している)。住吉大社宮司であった真弓常忠も若尾の猛攻撃を受け、『古代の鉄と神々』にその説を摂り入れることとなった。また、もと読売新聞社記者であった沢史生も「天狗や河童が中央政権に弾圧された民衆である」というみずからの説の補強に若尾の説を援用している。

しかし、自らのルーツの探求過程で鉱山民俗学を知った小田治が『黄金秘説』を発表したところ、若尾が自説の剽窃と受け取り憤慨、自説の露出を避けたためその後の鉱山民俗学の波及、そして行方をたどることは難しくなる。

 

だが、若尾が没して以後もその説が省みられる事は少なくない。2000年代初頭から井上孝夫氏が安房の製鉄伝承や河童伝承を研究する過程で若尾の思想を再発見し、『金属伝説で日本を読む』にまとめた。SNS上ではちょくちょくその説が引用されているようだ。谷川健一が没して久しいが、『青銅の神の足跡』と同じ集英社から出ている某鬼退治マンガはその影響下にあると言ってよい(ちょっとは人文学に還元してくれてもいいものだが)。

 

松屋主人苔丸は、この2024年の抱負として「ひと・もよう学」を通じ、若尾民俗学の継承と発展を目指す。

 

このコロナ禍の3年余りの乱読。若尾の同時代人――河内長野観心寺前で喫茶店『阿修羅窟』を営み、真言宗錬金術の関係を研究した佐藤任、大阪大学でイラン民俗学を研究した井本英一、陰陽五行による日本文化の解明をライフワークとした吉野裕子、その批判者で中国神話を構造主義的に解釈しようとした鉄井慶紀、ジョルジュ・デュメジルの神話学を日本神話に援用した吉田敦彦、そして欠かすことのできぬ大和岩雄の存在、などなど――を渉猟し、なにがしかの知的融合を図れないか、模索の年であった。

 

その過程で、中国神話学の百田弥栄子氏、フランスの神話学と民俗学の大家・F.ヴァルテール氏、洪水神話と人文地理学の成果を融合しようと努力されている佐々木高弘氏などの名を知ることができたのも幸甚であった。

 

なかでも、若尾と同時代を生きながら、まったく交流したようすの見えない研究者の知的成果も、若尾民俗学と改めて突き合わせることで、まったく新たな沃野が拓けてくるという気づきも得ることができた。国土省の技官として全国の崩落地を回り、徳島で崩壊地名について研究を進めた小川豊である。彼は崩壊地名解明と警告に生涯を捧げ、若尾と入れ替わるように出版活動を進めていった。谷川健一とは交渉があったようではあるが……

 

さいごに、本研究ブログの方向性を整理したい。ユーラシアの説話や神話が共有している生命の持続に欠かせぬ「水」の思想を比較しながら、その保全――治水、製鉄などの技術が、哲学・信仰・呪術などへと変貌する過程を考察し、忘れられた思想家たちの「再発見」に努めていく。

 

まだ理解の浅い面も多々あるとは思いますが、お手柔らかに何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【参考文献】

若尾五雄『黄金と百足――鉱山民俗学への道』人文書院、1994年。

井上孝夫『金属伝説で日本を読む』東信堂、2018年。

Now and Then、または或るバンドのデビュー・シングル

――61年前、デビュー・シングルのセッションを失敗した或るバンドがいた。

 

デモ・テープを作ったもののレコード会社を盥回しにされ、窮屈なバンに押し込められながらイングランド各地をギグして回る日々。やっとのことでコミックソング専門のレーベルに拾われセッションにこぎつけるも、ドラマーは力量不足で解雇。以前ハンブルクで共演したことのあるドラマーを加入させるも、レコード会社はセッションミュージシャンを雇い、シングル用に用意した曲を歌わせようとした――

 

しかし奴らは自分たちの曲を歌わなきゃ気が済まないらしい。しぶしぶプロデューサーはその要求を呑む。しょうがないので新入りにはタンバリンを叩かせた。

 

もうアメリカでもポップスはフィル・スペクター、計算ずくの「音の壁」の時代だ。ロックンロール、ましてやスキッフルなんて流行らないし、自分たちの曲を演奏しようとゴネるそんなバンド、売れるわけがない。テープはとっくの昔に捨ててしまった。その上アルバムを作りたいだって?マネージャーが色々手を尽くしラジオ局や雑誌に売り込もうとしているが、鬱陶しい。1日だけスタジオを使わせてやろう。レコードジャケットなんかレコード会社の中庭で撮ればいい。

 

どんなにライブで歌おうがスタジオに籠ろうが、誰も奴らの音楽を聴くことはない。どんな所にいようが、奴らはファンに囲まれ、一挙手一投足がマスコミに報じられるけれども。弦楽器なんか使って、日頃クラシックしか聴かない上流階級や眉を顰める親御さんたちに媚びようたって無駄だ。政治体制や宗教に口出しして、薬物に手を染めたって、誰もお前らの曲なんか聴いちゃくれない。レコードや雑誌を捨てて、忘れたころにまた新しいのを買うだけさ。

 

聞くところによると、また奴らはしくじったらしい。相変わらずスタジオでだらだらと何やら演奏しているみたいだが。白黒テレビに映るクリスマスのTVスペシャルの出来なんて最悪だった。どんなにカラフルな服を着て愛を歌っても、自分たちのマネジメントなんて出来っこない。インド行もアニメ映画も、ライブ活動再開も失敗、アルバムができる一部始終を映画に撮ろうとして結局お蔵入り。あーあ、最後は喧嘩別れか。

 

もう一生遊んで暮らせる金も手に入っただろうに、何をそんなに自分の曲を歌いたいのだろう。著作権訴訟に巻き込まれる奴ら、未練がましくバンドを作る奴ら……音楽稼業に嫌気がさしてニューヨークに雲隠れしていた奴も、テープレコーダーに一生懸命何かを吹き込んでいる。手を握りあって喜ぶような歳でもなくなったのに、一体なにが欲しいのだろう。金で買えない本物の愛、鳥のような自由、そして、それから?

 

年月は過ぎ、一人、また一人とメンバーがこの世を去る。残りの奴らはどうにか自分たちの曲を作ろうと、デモやらアウト・テイクをいじくっては何とか音楽チャートに載せようとする。どれだけ「最後の曲」が発表され、どれだけ「5人目のビートル」が死んだことだろう。

 

気づいてみれば、遠い遠いインドまで七つの海を支配した大英帝国ももうないし、拍手の代わりにダイアモンドをジャラジャラ鳴らした可愛い女王様ももういない。エルビスもチャックベリーもカールパーキンスもリトルリチャードもいない。ウクライナの女の子がバラライカを踊り、「我が心のジョージア」を歌いたくなるようなU.S.S.R.も、跡形もなくなってしまった。

 

それでもなお、奴らは自分たちの曲を歌わなきゃ気が済まないらしい。60年前にデビューを「試みた」バンドが、四半世紀以上前に投げ出した曲をレコーディングし直した。Youtubeに氾濫するブートレグやAIカラオケにイラついたのかもしれないし、あるいはまったく聴きもしないのに偉そうに「過去の社会現象」「歴史的な革命」として神話化して金稼ぎするクソ野郎どもに、目に物見せてやりたいのか。もしかしたらしたり顔のローリング・ストーンズを「サージェント・ペパー」の時みたいにまた挑発しようとしているのかもしれない。

 

お望み通りの、自分たちの曲を歌ったはずの「デビュー・シングル」に満足できなかったバンド。2人もいたはずのギタリストがもう居ないのに、そして残るメンバーが80歳をとうに超えたというのに、ご機嫌なベーシストが相変わらず音頭を取って無理やり周りを巻き込んだらしい。時計の針が80年で止まったままのボーカル、これほどまでに厄介なバンドを抱えた親の仕事を引き継がされる息子のオーケストレーション、「60年経ってまだこれか」とドラムスのボヤキが聞こえてきそうなタンバリンの余韻を残し、ヘルター・スケルターな「新曲」は終わった。

 

ジョン・レノンポール・マッカートニーが自ら作詞作曲した音楽をヒットさせ、数々の神話と#1を作り出した「ザ・ビートルズ」。Now and Thenには彼らの栄光と愛すべき失敗の60年が刻まれていたし、彼らファブ・フォーは本当に聴いてほしかったLove Me Doのステレオミックスを引っ提げて、今日晴れてデビューが出来たのだ。

 

今ここにはいないだれかに、音楽を聴いてもらうため。

 

「グループを代表してお礼を申し上げたいと思います。私たちがオーディションに合格していることを願っています」

「ひと-もよう学」草稿

「ひと-もよう学」草稿
●人間は動物的な「もよう」を殆ど帯びずに生まれ出る。それが自然においてどのような生存へと結びつくか。道具を使用し、表象することにより植物を育て、動物をてなずける、あるいは他の人間と強調したり、敵対することにつながってきたのだと思う。ある種の「パターン認識」が、生の持続にいかに作用してきたのか。「ひと‐もよう学(人文学)」のテーマはこの生の持続性に在る。

■言語のはたらきとはなにか。「ひろがり」または「つながり」について

ことばは指し示すものであり、時間的・空間的なひろがりを現わすものである。

人間が道具を使用し、共同で働くようになってから、ことばはより多義的に、スキーマとして意味を融合させるようになった。存在がその都度明らかにしなければならない「ひろがり」……共同体のうちの信用もその一つである。

■拡がったものを繋げる機構(organism)……認識・認知のための「行為(performance)」儀礼

領域と限界が明確に区分されるのは、数学=論理的な形式……集合論と構造において完成された。しかしながら、その形式は自然の空間と時間を完璧に模倣するには至っていない。人間は言語によって領域と限界を顕現することができる。

あらゆる文化表象は、自然を模倣し、反復されひろまることによって、共同体の規範となりえた。自然現象……太陽と月、風や雷、夜の星々は空間的領域と時間的限界を劇的に指し示す。ここにおいて、「ひろがり」より「かたり」が生まれることとなる。

人間はその文化的ないとなみのなかで「時間」「空間」に対する認知を広げてきた。「生の持続」には、いわゆる「再生」、ひとりの人間の死を超えた生の持続や、家系や作り上げてきた事物の維持・聖域化などの要素も当然含まれる。

■共同体と行為的な「模倣」……実体と仮象の「連続性」「持続性」をた-もつもの

信仰的宗教は、人間の精神的規範をもうけることによって、この聖なる言語文化表象の広がりを変形することができる。道具の使用、そしてそれによって得られる感覚的充足……衣食住、そして性の設備は共同体の信仰により大きく制御されることとなる。言語とてその軛からは逃れえない。言語は記銘されることによって、その道具的性質、感覚的統御を一層強めることとなった。自然現象と時間・空間の認識(時空認知)から大きく変貌することとなり、古神界から逸脱することとなったのだ。

■持続性と「配分」、比の概念

始原の神話、配分する理性を支える認知的な思考。それは比較して比率を割り出すことにある。ギリシアから中国にいたるまで、古代文明の理性は「配分」を基礎として身分的に相応な生活様式を肯定することを是とした。平等かつ再生産可能な生活様式は「比」によって維持される。その視点は主に彫刻や建築より生まれてきたものであろう。

そうした比は春夏秋冬という時間的なものや、黄金比や大和比などの幾何学的な比を援用して受け継がれる。


■神話(かたり)時代の古神界について、聖なるものどもの領域

「ひろがり」聖なるものどもの領域は、言語の「共有」がもたらす社会(つながり)の規範である。そこには空間的領域と時間的限界がある。

詩は、言語の信用性を犠牲に、古神界の遺物……シンボルとスキーマを空間化/時間化する。

行為と想起を結びつける「精神」の誕生……鎮魂、再生


■「唯劇論」
 ○テーマ、生と死のあいだに
公共の言語と詩の言語――連用的世界観と連体的世界観(命名
 スキーマとしての人体・天空・地理
道具使用と文化
劇が儀礼となるとき

 たんなる「口碑」が、一社会の生活様式まで拘束する社会的信念、規範になってしまう現象は、徒に民俗学歴史学の関心を惹くばかりではない。こうした言語文化のもたらす「信用」は政治経済に直結する課題である。

 貴族的な古典教養文化(西欧的には人文主義)は、近代において徐々にその活力を失い、実用的な自然科学にとって代わられた。しかし、前近代の詩や和歌において顕著だった観方のように、「迷信深く柔弱」であったから衰退したわけではない。「言語文化の未分化状態」において効力を発揮してきた教養に対する社会的信用が、高度に「精神的」な美や歴史的な芸術として純化・合理化されてきた結果、細分化され、傍流の自然科学に排斥されるほどにコミュニティの信用や影響力を縮小してしまったのだ。

 貴族的な古典教養文化、人文主義には、文字化される以前の人びとの原動力・モチベーションとなってきた前史が存在する。「物質民俗」はその解答の一つであり、詩や物語のもともとの社会的役割――労働歌やシャリヴァリといったものに密接に関連するものといえる。農耕文化は、鍛冶や窯業、狩猟や漁業にならぶ道具使用の一形態にすぎない。古代社会においては、これらを身体的な比喩、擬人化によってとりまとめ、詩歌や舞踊によって「再生」することこそが、社会的に尊敬される、異能や権威の源であったことは間違いない。こうしたシャマニズムが、音頭取りを要する軍隊や鍛冶、そして農業の有力貴族によって牽引され、「民俗」として維持されてきた。

 この物質的崩壊こそが、「口碑」「儀礼」の根源であり、より直截的にいうならば、「死と再生」の信仰と不可分のものであったことは、数多くの文化的共同体の基体として重層的な「死と再生」が意識されていることによって証される。祖霊の死は、はなはだ逆説的ではあるが、子孫としての再生として暗示されるのだ。風水や古墳ばかりでなく、西欧的な教会にいたるまで、家や墓は「母胎」のイメージから分化する。泉による取水や採鉱などの必要から山や洞穴を選んだ実用的側面も確かにある。だが、「炉=火処」の存在が、連想の決定的な決め手となる。

 そして、物質的崩壊の中心から周縁(境界)にかけて、男性的陽根崇拝としての石造物や建築が築かれることにより、一種の「再生」が意識されることとなる。河原や坂、もしくは「厠」という表象は、特殊な土木治水技術を要する都市の末端として、またケガレの漂着点、あるいは次なる再生の生産拠点となる。
 工匠たちは、文字という手段を持つ持たないにかかわらず、図像や記号によって(そもそも文字自体が特定の音と結びついた図像の特殊な事例であるが)「死と再生」を多彩に表現してきた。必然的に、詩歌にも物質的な生産と破壊が言及され、さまざまなコードがスキーマやメタファーの形で標示されることとなる。死んだ人間、消滅した事物が「模倣」され、現在に「介入」する。その起点が道具使用、身体の延長としての技術なのだ。

 ○他者の修辞学:信仰
  詩のカテゴリーとその攪乱……恋愛詩と戦乱・政治(恋愛はプロパガンダとなりうる)
  詩における欲望の表象と巫覡……興
  人称と印欧語族三分イデオロギー……「法」の三分イデオロギー(意志・命令・推量)

「工匠文化」について
 ジョルジュ・デュメジルがいうところの印欧語族の社会の三階層というものは、言語が共有される三つの次元・境界を作り出すことによる、社会的「信用」のあらわれである。それが端的に現れたのが詩であって、勇ましい叙事詩、慎ましく勤勉な農事詩、エロティックで予言的な牧歌というウェルギリウスの三つの詩や、あるいは詩経や楚辞、そして本邦の和歌などに見て取れるアイディアだと思う。

 神話的な文学や美術においてそれが特に重視されるのは、教養や言語それ自体として、社会的に広域かつ後世まで伝達しなければならない情報のパターンがこの三つに集約されてきたのだからだろう。文字の存在いかんにかかわらず、言語として表現可能な空間と時間の表現手段は、「命名」の煩雑さを避けるがために、おのずと簡潔な擬人化や比喩のバリエーションに依存する。これによって(たんに「存在する」のみではない、)「人称」によるさまざまな表現が可能になるのであるが、多くの言語では意志・命令・推量の三つに逢着する。これは古文の「む・べし」や英語の「助動詞」、ラテン語ロマンス語の「接続法」の主な用法であるだけでなく、詩の三カテゴリーにおいて表現される内容――戦乱の栄誉や死の根源(意志)、時季を択んで行わねばならぬ所作(命令)、そして繊細な空想と社会的転変の暗示(推量)に合致する。

 先述したデュメジルのカテゴリーは、単に社会的な身分としての祭司・戦士・農民だけでなく、この人称的な意志・命令・推量を神話的人格になぞらえたものと考えることもできるだろう。

 富・武力・聖性という動機素がそれぞれ対応する(興味深いことに、スキーマによって容易に転化しうる)。

 その点で、人間が古くから伝達に躍起になってきた「技術(道具使用)」は、その起源譚から習得、熟練まで、一つひとつの道具や挙動を言語化し、理由付けする困難さを要するように思われる。しかしながら、機械化や識字教育以前の前近代では、「物語」や「劇」、「儀礼」による絶え間ない反復によって、身体的に「記憶」し、ある意味では身体と社会制度や信仰、技術が「未分化」な状態を維持してきた。これらがきっぱりと分化し、あるものは科学、またあるものは政治、あるいは病気や迷信といった忌むべきものとなったのは、近代的な市民的な意識下においてにすぎない。

プルシャとシャクティ
   
 ○トリックスターの表象/投影される権力の起源

 ○区切りとしての起源譚/引用しあう説話群
  アレクサンドロス大王と説話群の攪乱
  オリエント・ヘレニズム・インド・シルクロード

大乗仏教の極楽浄土と宇宙論……エジプト的な秘儀(アルケミー)
 四大元素と四方位、水銀による金の錬成

 ○公共圏、精神、文学の「かたり」と看過される「境域」
  マクロな歴史とミクロな歴史

■古神界的表徴……鍛冶たちの伝承
植民地時代と言語表象

インド=ヨーロッパ語族、アフロ=アジア語族……政治的に分断された工匠たち
 近代科学の発達、産業革命の進展と「啓蒙主義=進化論」的世界観は、前近代的な工匠たちのmythologicalな世界観を政治的・精神的に分断した。その端的な例は神秘的オカルティズムである。

「知識」について、たんなる空想、想像力やある意図によって虚構を生み出すにしても、「尤もらしい」と思える信用が共有されていることが前提となるのではないか。そこには、農耕文化を維持するためのシステム、天文や測地、あるいは金属器や土器をつくる技術が介在したはずである。いや、むしろ農耕文化こそが、道具をあやつる技術を支える食糧補給体制として、人体とその機能的延長である道具使用を維持してきたのだ。

 そうした技術の総体は、工匠たちにとっては通過儀礼的に、経験して獲得するものであった。原初の神話、詩や物語は、こうした経験的な知を次世代に語り継いでいくためのシステムであった。ここに、祭祀儀礼をめぐる二重化の構造を見て取ることができる。従来のエリート対民衆や、民族対国家の歴史観は、再考を要すべきものである。

 ここに挙げられる事例の多くは、従来、科学的な思考や歴史観とはまったく異質な民俗伝承とかんがえられてきた。それもそのはずで、科学的な思考や歴史観とは、近代的な民主国家や民族という社会集団において、数々の道具を使いこなすために用立てられた知識なのである。したがって、そこで通用する常識は、他の技術を知るには非常に狭隘で限局された知なのである。


○技術の維持のための信仰・占術・呪術
人類にもたらされた鍛冶の技術は、人間の行動の「ひろがり」を支えるだけでなく、その高度な比喩性により言語を顛倒させた。予期し、依存する言語的表象……呪術が、記録や伝承を生み出す。模倣的行為が原型と受け取られる現象

鉱物や木材、水などの資源の収奪構造(余剰の占有)……戦争と秩序、(哲学以前)「正義」の抽象化


太陽神崇拝と母神崇拝……古神界と秘儀
ミトラス神、ルグ神、毘遮那仏、ナルト叙事詩……仏教・キリスト教の母胎、騎馬鍛冶文化の記憶と古星座
観音・女神と母胎(へそ)

北斗七星と太陽の神話的関連性

異界の詩学と時間性
 雁から白鳥へ(角の生え変わる鹿、脱皮する蛇、飛来する白鳥)
 復活する王・女王……錬金術的発想

北辰崇拝と表象(シャクジ・庚申)……犠牲の肉片、車、柄杓、一つ足、鹿
日吉山王信仰・伊勢(再生する太陽と不滅の太陽)
弥勒菩薩の半跏思惟、百済観音の姿勢など、北斗を象徴?

曙光と日没、そして春夏秋冬……さまざまなシンボルで現われる太陽神崇拝
 アーサー王ヘラクレス(十二ヶ月の象徴化)
 十二ヶ月の象徴化以前には、十か月ないし九か月と「死」の二三ヶ月があった

車輪(十字架と渦巻)
夏の車輪、冬の十字架……もようの始原
唐草文様
伊勢の車文、祇園の山鉾

 ◎竈神と厠神
  東西錬金術と「炉」
  香炉と立花
  茶道の源流としての再生信仰(偽史についての示唆)
   北斗七星と鳳凰……天皇的イメージの濫用による「遊芸」確立

春分夏至秋分冬至と祝祭
 半月・半年ごとに繰り返すこよみ(陰陽五行、季節呪術)

中国系(節句
 一月一日・三月三日・五月五日・七月七日・九月九日
ケルト
 万聖節(11/1)-クリスマス(冬至・12/31)-インボルク祭(2/1)-復活祭(春分)-ペルティネ祭(5/1)-聖ヨハネ祭(夏至・6/26)-ルグナサド(8/1)-聖ミシェル(秋分・9/15)
 ヴァルテール・植田重雄参照。また十二使徒・マルガレーテやバルバラなどの聖人暦

  冬至夏至春分秋分:地上の方角をふくめて(√2の三角形、比例理論)
  上社・下社の対応(附・山アテ、堪輿
  十字表象・六角と八角……死と再生

日没と日の出のあいだには「夜」があり、星たちが輝く。季節の移り変わりのなかで変わらず

「時空認知」と風……住環境、道具へのさまざまな表象⇒色紙・屏風に風鎮めの歌
 アナシ・嵐の時代……『青銅の王の足跡』『四天王寺の鷹』


●土木治水にたいする人びとの畏怖:「石神」論
 ○境界(さか)と鬼、悪魔
 ○神仙思想・陰陽五行の影響
  牛頭天王と宿曜(藤原氏と御霊崇拝)
  ケルヌンノス:医薬神と行疫神・境界侵犯⇒ミトラス
  黄道十二宮・月宿・十二支
  要衝としての播磨・周縁としての明石……人麻呂信仰

■古墳と古代中世技術史

●技術継承の場と巡礼・秘儀
 ○猿楽・狂言と中世神話
 ○闘争と祝祭

 ○聖域と祝祭……説話、日常の淵源としての生の浪費
  源平藤橘と親方ジャック(建築術のルーツ)
   源氏と「八幡宮」「南宮大社」、平家と「妙見」「北辰」
   藤原氏と「田原藤太」、橘氏と「金売り吉次」
   景清・景正・景政考
   菅原氏・紀氏・惟喬親王木地師塗師)……「太子信仰」
    和泉式部橘諸兄在原業平
   能(猿楽)と貴族:日本の中世劇(愛欲への信仰)
   フリーメイソンと聖人崇拝:ヨーロッパの中世劇
 
⇒神社・寺院から築城術へ。行基空海の伝説から
 実際の兵法の変化と呪術的視点

御霊・鬼・魔の顕現……死と再生、そして社会共同体

 ○天文学と冶金文化……盲目と邪視

マンダラ・ヘルメス主義・道教……空間・時間の「エレメント(元素)」化
 しつらい……炉や井戸の衣食住における重要性と無関係ではない

 ○煉獄にかんする一考察……後景の鍛冶神・硫黄

●冶金伝承
 ○前史としての風神・雷神崇拝(大汝)
 ○スキタイ文化と神宝
 ○石…凝灰岩と花崗岩
 ○水銀朱とアマルガム(鉛丹・弁柄をふくむ)
 ○ブロンズ(錫)
 ○鉄(チタン・マンガン・ニッケル)
 ○金・銀(大仏建立前後・石山寺
 ○鉛(弾丸と楽茶碗)


百人一首(植物のシンボル性)

始原的な「詩」、集団労働や擬態・擬音
密儀的なフレーズ
四季のトランジション

原点としての近江荒都歌(大化の改新の終焉と陰陽思想)

流謫、簒奪のテーマ
父子(血統)

源氏……皇族と藤原氏の対立の歴史が武士団を生む(源融源実朝
  軍記語りと穀霊

源氏物語伊勢物語の記憶

 業平(六歌仙+紀氏、敏行)菅家(亭子院)中宮定子(花山襲撃)九条家歌壇

植物……木地師轆轤師と建築
 桜(しろたへ)・紅葉(くれなゐ)六首と風(柳や杜若は風に散らない)
  破軍星の位置に「紅梅(貫之)」と「白菊(みつね)」が来る。また、柿本(柿=熟す)
  また、古き軒端と霜より、それぞれ順徳歌と家持歌が連想される。「心あてに」「心もしらず」と心あくがれる御霊を連想。平安京の終焉がテーマ?
 松(冬)・蘆(夏)と普遍性・未熟性(夏・冬はあを系の季節である)


鹿の崇拝(香具山、春日、宇治山)=人麻呂の原像?

鳥と風神、蛇と雷神(スサノオ時代からの古神界的伝統)「あをに」と「朱丹」(サナヘとニヒナヘ)

伝統的二分法……一月七日(若菜摘み)と七月七日(七夕、半年周期)